半磁土に呉須で絵付けをすると青が冴えて、なんとなく昭和レトロな雰囲気の色合いになる。今回もそれを狙って飯椀を作る。
先週ろくろでひいて今日は削りの日。少し乾き気味で危ないなあと思いつつカンナを入れたら、ボロっと塊で底がもげた。あせらず薄く薄く削っていくべきだった。

飯椀から植木鉢へ
飯椀から植木鉢へ変身したのだ

今日の教訓
半磁土は鰹節を削るがごとく削るべし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA