手びねり市松模様の飯椀が焼き上がってきた。
今回は釉薬の掛かり具合がちょうどいいのに、見事に全部歪んだ。

飯椀

丸く作ったはずなのに、ああら不思議、いびつな焼き上がり。
土の締めが甘かったかなあ。

飯椀

市松も感じよくでたんだが・・・

 

満足のいく焼き上がりを目指して成形中。
手びねりの玉造り。

飯椀

歪まないよう願いを込めて成形中。白化粧も今までより薄めに描いている。

飯椀

市松を描くのが早くなった。市松職人である。

ロクロで成形したほうが歪まないけれど、手に触れたときの感触は手びねりがいい。
今度こそ!

 

ついでに植木鉢も1個、成形した。

植木鉢

暴れた感じにしたかったので、途中で目をつぶって造ってみた。

植木鉢は歪んだ方が遊びがあって楽しい。
飯椀も歪んだ方がいいという価値観があってもいいかも・・・
どうかねえ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation