酸化焼成に出したおいた飯わんとマグカップ焼き上がり。
昨年から何度も作っては失敗をくり返してた例の猫鈴シリーズ。
今回は釉薬の濃さが望んだとおりにいった。

飯わん

猫と鈴をモチーフに白化粧で描いてます。

 

飯わん

裏は市松。コレも白化粧で描いてます。
右下の1個、歪んでしまった。裏返しにすると良くわかる。

 

飯わん

じわじわ見えてくる猫と鈴。

 

今回はマグカップも大きな歪みが無く焼き上がった。
マグカップのモチーフも猫と鈴。

マグカップ

マグカップも外側は市松。
持ちやすいように取っ手をほんの少し傾斜させてます。

 

マグカップ

カップの底には猫。
コーヒーを飲み干すと猫が出てきます。

 

マグカップ

フチの内側に鈴が3個入ってます。

 

地味だけれど使うほど愛着がわくものになったと思う。
(そう思いたい!)

陶器の飯わんは飯椀なのか飯碗なのか?
気になったので、ひらがなで飯わんにしておく。

先週削り終えた飯わんとマグカップに白泥で絵付け。
これらはこの後、呉須の青を足して透明釉をかけて還元焼成に出そうと思う。

ねこの飯わん

物語が感じられるような絵付けを心がけている。
というより、物語を考えないと絵付けが進まないのだった。

 

ねこの飯わんとマグカップ

飯わんはどれも外側が市松模様。
マグカップは逆転させて内側に市松を入れた。
すんごい大変だった・・・

ねこのマグカップ

自分用に大ぶりのマグカップ。

現在使っている白泥は、陶芸教室で購入した物でぽってりした質感や暖かい白の発色がとても好き。
だけど、これはもう在庫切れ&生産中止だそう。
手持ちの白泥を使い切ったら、新に使いやすい白泥を捜さなくては。
困りました。